借金の時に作成されることがある公正証書とは

借金と借用書について 公正証書とは、公証役場で作成される書面です。
特に借金をする際に作成される場合には、それが債務名義となるため、債権者にとってはとても便利な書面でもあります。
債務名義とは、裁判所に強制執行を申し立てることができる権利を証明している名義です。
これがない場合は、一度裁判を起こして、確定判決を貰わなければなりません。
そして、さらに執行分の付与を受けて初めて、強制執行を行うことができます。
この場合、手続きは長期に及びますし、時間がたつにつれて資金が回収できなくなる可能性もあります。その点を回避する目的で、公正証書は借金の際に作成されることがあります。
ただし、公正証書は債務者からすれば不利な書面です。返済がなされなければすぐに強制執行を受けてしまうからです。
したがって、借金をする際には安易に作成することに同意をしない方が良いでしょう。
リスクとメリットをよく考えた上で、公正証書の作成に同意するようにしましょう。

借金と借用書について

現在、注目を集めているのが、払い過ぎた利息を取り戻す事が出来る過払い金請求です。
グレーゾーン金利が使われていた頃に借金をしていた場合、法で定められている以上の利息を支払っている可能性があります。
過払い金請求を行えば、この払い過ぎた利息を取り戻す事が出来るのですが、グレーゾーン金利が使われていた頃に借入をしていたけれど、借用書等、当時の借入を証明する書類は手元に残っていないという人も多いでしょう。
借用書等が残っていなければ、過払い金があったかどうかさえも分からず、返還請求は出来ないと考えてしまう人は少なくありません。
ですが、当時の書類がなくても、過払い金の有無を確認する事が出来ます。
ですから、グレーゾーン金利が使われていた頃に借金をしていた記憶があるのであれば、過払い金請求を積極的に行っている弁護士事務所等で相談をしてみる事がお勧めです。
完済から10年経過すると時効になり、その後は返還請求を行えないので、少しでも早めの相談がお勧めです。

check

2017/4/20 更新

menu category $q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>