借金の連帯保証人になることの危険性

借金をするときに、連帯保証人をつけることを求められることがあります。しかし、これが頼んでもなかなかなってくれる人はいません。それには理由があり、借金の連帯保証をすることはとても危険なことだからなのです。
まず、保証人と連帯保証人というのも違いがあります。 借金の連帯保証人 保証人は、債務者の次に責任を負う人、連帯保証だと債務者と同等の責任を負う人になってしまうのです。自分がお金を借りたわけではないのに、債務者と同等の責任を負わされるのは怖いですね。債権者は、債務者より先に連帯保証先に取り立てにいくこともできるのです。
ですから、消費者金融などでお金を借りるときも、住宅ローンやマイカーローンを組む時も、連帯保証人をたてることを求められることはまずありません。その代わりに、保証会社に保証料を支払うことを求められることがほとんどです。
ただ、保証会社が審査を行うので、審査に通らない人は保証が受けられず、借金をすることができないということになります。

借金をする際の制限とは

借金は誰でもできるわけではありません。金融機関によって様々な制限があります。
まず、年齢についてです。民法では未成年者による借金を禁止しています。よって、20歳未満は借り入れができないことになります。学生でも借り入れできますと謳っているキャッシングやローンでも、20歳以上でないと受け付けられません。未成年の場合は、結婚をして、安定した収入を得ている場合は、法律上は成人とみなされます。
ただし、明確に20歳以上のみと示されている場合は、借金の申し込みができませんので注意してください。なお、クレジットカードのショッピング枠はお金の借り入れには含まれませんので、18歳以上ならば親権者の同意があれば申し込みが可能になるものも多いです。
消費者金融やクレジットカードの借金では、借入限度額の制限もあります。貸金業法に登録されている金融機関は、総量規制が適用になるため、借入限度額は年収の3分の1までとなっています。
しかし、銀行は銀行法が適用されるので、銀行側の審査にもよりますが、総量規制の対象外となることから限度額が比較的大きめになっています。

recommend

ボディメイクを名古屋で利用
http://energy-super.jp/

2016/8/24 更新

menu category $q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>